PROFILE

墨流しと芸術 

墨流しは中国にある流沙紙から伝わったものとされていますが、明確な時期は不明です。『古今和歌集』に墨流しを詠んだ和歌があることから、9世紀頃には日本でおこなわれていた技法であ ることがわかります。古筆を眺めると、12世紀頃の「本願寺本三十六人家集」や「扇面法華経冊子」は、それぞれ表現の違いが見られるものの、自然な水流を印象付けるような伸びやかで大き な流れの表現がなされています。鎌倉時代には、「墨流切本和漢朗詠集」のように同心円の密度が高く、伸びやかさというよりも屈折や湾曲が多く見られ、せしめ筆の円形も残ったままになって いるものも見られることから自然の流れというよりも、せしめ筆で任意に、何度も模様を動かすことによって意図的にデザインされたような対照的に圧縮された墨線の表現がうまれます。江戸時代の工芸活動の中で連続的な山路文様や双渦模様のように変化して、藍や朱も使われ金泥で書き添 えたような色彩も加えられます。 水面に墨滴を浮かべて、水流や風流の一回性の自然現象を表現する墨流しは、即興的で不定形 な形象で、美術史におけるオートマティスムとも同様に解釈することができます。また現象を紙面 に定着させるのみならず、フィジカルな現象自体を映像作品として展開し、古典から現在へと墨流しというものを展開させていく為の試みです。 

SUMI-NAGASHI / RYOSHI 

Since Washi paper was introduced from the continent, it has developed as a Japanese national culture along with the pseudonym. The craft reached its heyday around the 12th century, and many splendid decorations were made. Among them, Suminagashi (marbling print/paper marbling) showed its elegant expressions in the early days, and once disappeared after Kamakura era, but in Edo period, it has changed into a geometric pattern and became the present form. Washi paper developed into folding screens, sliding door paintings and screen pictures, and through the collaboration with Noh writers and painters, a new style of traditional Japanese art was born, which remains up to now. In modern times, writing has incorporated the concept of art, became popular in the post-war avant-garde movement, and developed into avant-garde ink paintings that were activated through the interactions with overseas abstract expressionism. Washi paper, which has been expressed along with calligraphic writing and painting, has undergone various changes during the times, but has never had its own worldview as art. Modern Washi paper is a work that breaks away from the constraints of tradition and considers a new definition of Washi through abstract expressions. 

 
中井 慎吾(之山) Shingo_Shizan_Nakai      
 
1979年生まれ    香川県高松市出身 東京都在住
 
 
大田区伝統工芸士発展の会 正会員 
 
表装技能士補
 
墨とノイズ 

 

[略歴]

2002年  The Art Students League of New YorkのTraditional Classesで短期留学

2006年  和紙装飾の壁紙メーカーに入社

2013年  かな料紙・内装装飾などの製作施工・販売で、フリーランスとして活動を始める

2017年  跡見学園女子大学文学部 紀要第52号に論文

       『料紙加工の現代的な方法についてー教育の場への展開を視野にー』に参加

       教育委員会書道部研究会や中・高等学校などで、かな料紙加工の現代的な方法の

       講習会を始める

2018年  2018・2019年と目黒区のTHE HANGAR GALLERYにおいて

       展示ライブイベント『墨とノイズ』を開催

       東京都表具経師内装文化協会・職業訓練校卒業

2020年  ゲンロン カオス*ラウンジ 新芸術校:コレクティブリーダー課程(上半期)

2021年  大田区池上にて、カフェ/オルタナティブスペース KOTOBUKI PourOverをオープン