PROFILE

1200年余りの歴史を繋ぐ日本の伝統工芸「かな料紙』の技法をもとに、新たな境地を開拓する為、古筆料紙を独自の視点から研究し、幅広く現代的な技法で古筆料紙や伝統的装飾を紹介をする活動を行っています。

水・風・墨を使い自然の動きを可視化させる伝統技法『墨流し』は、自我を超越し作為的にならぬ様に自然の動きを表現する技法です。これまでの時代の中で、様々に変化を遂げてきた其の墨流し模様は、伝承される意味を見出し現代に残った技法です。江戸の美術が平安の美意識を核にして進化した様に現代において、墨流し技法を前衛的な発想で捉え、音の振動を利用して形づくる 伝統×テクノロジーの 墨流し模様は、和紙に写しとるだけでなく、オーディオヴィジュアルパフォーマンスやメディアインスタレーション の表現で、『伝統は創造のアーカイブ』であるという考えのもとに、伝統工芸の未来を模索する製作・発表をおこなっています。

 

・大田区伝統工芸士発展の会 正会員 装飾料紙
 
・表装技能士補
 
・『墨とノイズ』主催
 
中井 慎吾(之山) Shingo_Shizan_Nakai      
 
1979年生まれ   香川県高松市出身 東京都在住